アドトラックで宣伝しよう【簡単に集客ができる】

累積視聴率を見て広告を

女性

視聴率を買うという考え方

テレビ広告は、テレビの黎明期からマスメディアの発展を支えてきました。現在、広告を出す対象になる媒体は動画配信サイトやウェブサイトなど多くありますが、今でもマスメディアの存在感はあります。その例として、現在でも流行はテレビ発のものが多く、SNSなどで印象に残る事象もテレビタレントが先頭に立っているといえます。そのため、民放の番組の視聴率の概念は、メディアで広告を打とうとするビジネスのオーナーにとって気をつけておくべき数字です。一方、テレビ広告を打つとき、どういう番組のスポンサーになるべきか分かりにくいのも事実です。ターゲットユーザーが、独身男女だったり、ファミリーだったりなど明確なケースの方が稀だといえます。そのため、テレビ広告を打つには分かりやすい指針が必要で、そこで押さえておくべき数字は累積視聴率という数字です。基本的に、特定の番組のスポンサーとなる一社提供の番組などの他は、テレビ局の視聴率を買うという発想が重要になります。累積視聴率とは、テレビ局の視聴率を200%分買うなどの形態で行われ、200%購入した場合には10%の番組であれば15秒の広告が20回放送される計算です。そのため、一見広告主にとって白紙手形をテレビ局に渡すような感じですが、広告の効果は200%分確実に得られる結果になります。広告主のビジネスオーナーがテレビ局に対して、効果的なテレビ広告を依頼する場合、累積視聴率を計算して用いることは広告効果を確保するためにも重要だといえます。

Copyright© 2018 アドトラックで宣伝しよう【簡単に集客ができる】 All Rights Reserved.